読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホの平熱40℃超え

ひたすらゲームの感想を書くブログです。個人的な感想なので、あしからず。

任天堂Switchについて雑感

雑感

こんにちは.

ゲームネタはわりと溜まっているんですけど,シンデレラガールズ関連でメインブログに書きたいことがたまりまくっていて(4thライブとか,速水奏とか,鷺沢文香とか,速水奏とか(ほんと好き.結婚しよ)),他にも書きたいことはあって,そちらばかりでこのブログ完全放置しておりました.

 

が,これはどうしても言及しておかないとマズいなぁと思うネタが天から舞い降りてきた来たので,今日はそのお話を.

 

www.nintendo.co.jp

 

現時点(2016/10/23)で判明している情報が情報なので,これから書く内容もどこまでが正しいのか分かりませんが,とりあえず,任天堂はとんでもないものをぶっ込んできやがったなと思っています.

 

Switchがやった一番革新的なことは,まぁ,言うまでもないと思いますが,ほぼシームレスなレベルで据え置き機と携帯機の境目を取っ払ったことにあると思います.ちなみに私が敬愛する小島秀夫監督率いる小島プロダクションKONAMI時代)はその昔トランスファリングという,わりと似たようなことを2011年ごろにやっていたのですが,この時はあくまでセーブデータを共有するレベルであって,Switchのように稼働しているゲーム状態をそのまま持ち運ぶレベルではありませんでした.まさか数年でここまですんなりとゲームを持ち運びできるようになるとは,誰も予想していなかったのではないでしょうか.しかもゲームハード一つで据え置きと携帯の両方が賄えるし,それどころかコントローラーが初期状態から二つ存在しているというのも驚きです.そうなるのかぁ.そういう時代になったのかぁ.凄いなぁ.今は未来だよほんと.

 

個人的には,このコントローラーがデフォルトで二つあるというのは凄いと思っていて,いきなりネット環境無しで複数人で遊べるのが当たり前になっているわけでしょう.しかもそれが自宅だけじゃなくて外でも.ほへぇ.ほんと今後ゲーマーの生活はどうなっちゃうんでしょう.少なくとも今までの生活が明らかに変化することは確実だと思います.それは本当に凄い.ヤバい.何なんすかねぇこれほんと.

 

と,ここまでわりと褒めてきましたけど,いつもどおりの流れなんですが,僕自身はSwitchをべた褒めするつもりはなくて.というか,むしろこのゲームは完全にコンシューマゲームの制作者たちを殺しに来ているのではないかと思っていて.

 

 

 

まぁ,操作感についてはコントローラー自体があんな感じなので持ち出そうがどうんだろうがなんとかなる気がするんですよ.ですが問題はゲームのデザインそのものに関するところで,少なくとも画面のUIに関しては本当にWebのレスポンシブデザインみたいなことをやらなければいけないと思っていて,それって相当に面倒なんじゃないかと思っています.まぁ,Androidみたいなのを対象にしたゲーム作ってた人からすれば余裕なのかもしれませんけど,それが開発側にとってプラスかどうかと言われたらマイナスな気がします.

 

UI以外についても,例えば据え置き機モードなら余裕で見ることができるアイテムが携帯機モードになったら見づらいとか,単純にゲームとしてユーザに提示する情報の方法が完全にそのままでリリースできるかというとそれはそうではない気がするのです.もちろん,携帯機モードを前提として開発をすることもできる気がしますが,本当にそれでいいの?という感じはしてしまいます.結局皆遊ぶのって多分据え置きなんでしょうし.

 

あと,例えば外で遊べるゲーム内容にしないといけないと言うのも結構あって,例えば今回協賛企業にベセスダとかアクティビジョンとか入ってましたけど,たとえば血がぶっしゃぶっしゃ出るようなゲームを外で遊べるかというとそれは結構まずくって,エロじゃないとはいえ18禁のゲームを外でそのまま遊ぶことができるとは思えません.この部分を据え置き機モードと携帯機モードで切り替えできるようにします!なんてことしたらそれはやっぱり開発者にはマイナスになりそうな予感…….

 

こんな感じで,作る上で考える要素というのは,変な話据え置き機1と携帯機1で2倍になっているような気がしてなりません.こんなことしたらただですら高騰してる開発費がさらに高騰して悲惨なことなりかねないのではないでしょうか.

 

 

そんなわけでまとめると,任天堂のSwitchについて書いてみました.

遊ぶ側からすれば全く新しいゲーム体験ができるハードであることは間違いないと思いますが,その新しいゲーム体験を実現するためには複数のハードルがソフトウェアレベルで存在していると思います.そして個人的にはそのハードルとやらは結構大きいように見えて,開発するの苦しそうだなと思いました.

個人的には,これで新しいゲーム作ってと言われたら,最初ちょっと引きますね.始めたら楽しそうですけど,考えられることがこれまでと異なりすぎていて(これはプラス),それでいて配慮することもそれなりにあって(これはマイナス),どっこいどっこい,でも若干マイナス?みたいな.

 

とはいえ,新しいハード,いいですねぇ.ワクワクします.買うかは分かりませんけど,とりあえずゲームで遊ぶ側としては楽しみが一つ増えました.来年3月,どうなるんだろう.本当にどうなるんだろう.本当に,どうなるんだろう.