読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホの平熱40℃超え

ひたすらゲームの感想を書くブログです。個人的な感想なので、あしからず。

アーケードゲーム遊んできました

こんにちは。暇な時間ができたので久しぶりにアーケードゲーム遊んできました。ので、1つ1つ率直な感想を書いておきます。出先からスマホで書いてるので色々雑だと思いますが、後から編集するので勘弁してください。修正しました。

 

 
 

ワンダーランドウォーズ

wonder.sega.jp

 

アーケード初セガ初の間違いでした。訂正します。)のMOBAをうたっていたのと、店舗でやたらと台数が出ていたのでチュートリアルだけやってみました。
 
率直な感想として、操作感が想像以上に悪かったです。このゲーム、ユニットの操作をスティックとボタンひとつ、そして攻撃操作をペンで行うのですが、このペン操作が辛いです。ペンで攻撃する線を描くと、その線を辿るように攻撃エフェクトがバリバリと出て相手にダメージという形なのですが、この描く操作がストレス。
 
私の中のイメージとしては、なんかこう、ボールペンでも使うように、さらさらと書けるもんだと思ったんですが、レスポンスが思ったより悪く、攻撃の出方もだいぶゆっくりしたもので、想像とだいぶ違う挙動でした。
おそらくなのですが、ゲームバランス的にNPCには当てやすく、ユーザが操作するユニット(ゲーム内ではキャストと呼ばれていました)には当てづらくするためにわざと攻撃が遅く出るようにしてるんでしょうけど、この遅さは思った以上にストレスが溜まります。
私のイメージとしては、(これ分かる人どれぐらい居るのか分かりませんけど)空の境界蒼崎橙子さんがタバコでルーン書くみたいにこう、するするっと線を描くと、その内容に応じて攻撃が繰り出されるというぐらいの、さくさくとレスポンスが帰ってくるゲームだと思ってたんですけど、これじゃあなぁ……。という感じでした。
 
あと、グラに期待する方が間違ってるのかもしれませんけど、なんかDSかPSPのグラっぽくてちょっとなぁ、という気分になりました。リアルタイムで操作できるようにグラフィックにリソースを割かないようにしているのかもしれませんけど、それでもこのレベルだとちょっとなぁ……。
 
そして腹が立ったチュートリアルチュートリアル特有の「〇〇をしよう!」みたいな表示のせいで敵ユニットが見えなくなるのはちょっと引きました。これはいかんだろう。開発した方は一体何考えてんだ……。
 
まぁ、そもそも私はMOBAが苦手だったのでこんな評価になった可能性もあるわけですが、このゲームで遊び続けたいとはおもえませんでした。操作感が改善されたらもっと楽しそうなんですけどね。ペン型の操作デバイスとかすげーワクワクするのに、これじゃダメだよなぁ。
 
 
 

コードオブジョーカー

coj.sega.jp

だめだこれは。とことん性に合わない。
 
乖離性ミリオンアーサーを先に遊んでいる人に言うと、だいたいあんな感じです。細かいところは結構違いますけど、第一感想は乖離性ミリオンアーサー。なんか、スマホで出来そうだし、わざわざアーケードでやる意味あんのかな、と思いました。
 
とは言えもうちょっと遊んでみようかとも思ったんですが、その、フォントが汚いのとUIが好きになれなくて遊ぶのやめました。特にフォントについては、なんかMS ゴシック臭がするんですよ。気のせいだといいんですけど。
 
チュートリアルも基本編だけですげー長いし、これスマホだったら途中でアンインストールされてるんじゃないのかな。アーケードにはアーケードの定石があるとは言え、基本無料をうたう割にいきなりドカンとゲームの仕組みだけを伝えてはい遊んでみてって、ちょっと苦しいと思います。

 

そんなわけで、ちゃんとシステムを把握しきれていません。チュートリアル中で実際にプレイできる時間もあるんですけど、チュートリアル時間をわざと短くするためなのか、相手側が途中から全く抵抗行動をしないというひどい仕様でした。いや、チュートリアルはユーザに勝ってもらう(あるいはクリアできる)ように作るのはatarimaeだと想うんですけど、勝たせるために敵が何もしない状況を作るのはちょっとどうなのよって感じがしてしまいますね。

 
 

リフレクビート

REFLEC BEAT VOLZZA

 
久しぶりに遊んだけどゲームのシステムそのものはあんまり変わってない。もっと言うと、新鮮な部分は全然なかったです。前作をガッツリ遊んでいなかったというのもあるけど、そもそもシリーズ物であることを考えると、これぐらいが丁度いいのかもしれません。
 
全然関係ない話ですが、デレステのぬるま湯に浸かりすぎていたせいで下手になりまくっていてちょっと引きました。音ゲーって本来これぐらいの反応でしたよねそういえば。
 
UIがなんかペルソナ臭がする感じになっていたんですけど、ごちゃごちゃしている割にはビビットなカラーが誘目しているからかすんなり遊べました。こういうところはさすがKONAMIって感じ。だがコジプロの件は絶対に許さないぞ。
 
 
 

チュウニズム

chunithm.sega.jp

タイトルからして気にはなっていたので遊んでみたんですか、これが結構面白い。普通のノーツが上から下りてくる音ゲーに、旗上げゲームのような、手を上下させる操作(ゲーム内ではエアー(AIR)と呼ばれています)が加わっているんですが、これだけでこんなに新鮮な音ゲーになるとは思いませんでした。そしてこの操作のおかげでゲームそのものが結構爽快。まだ全然高難易度ができていないんですけど、慣れてきたら相当楽しいんじゃなかろうか。
 
平日の真昼間からずっと名簿に名前書かないといけないぐらいに混んでいたので、遊んでいるユーザも結構多いんじゃないでしょうか。とおもったら稼働が先月初めだったそうで、単純に新しいからみんな遊んでいるのかな。
 
 
わりとたのしかったので、今後も時々遊んでいこうと思います。フォントが綺麗だし。
 
 
 

雑感

あれだけ人でいっぱいだったjubeatに誰も人がいなかったのが衝撃的でした。たまたまだったのか、それとも本当にユーザがいなくなったのか分かりませんが、ちょっと気になるところです。
 
それと、相変わらずガンダムユーザーは、こう、楽しそうでいいなぁ、と。いろんな意味でね。テンション高すぎだろほんと。とは言え私もあれ一回ぐらい遊んでみたいんですけど、一見さんお断りの雰囲気がプンプンするので、実際遊べるのは当分先かなぁ。
 
 
 
 
そんなわけで、今日は以上です。
たまにアーケードゲーム遊びに行きますけど、本当にこう、様変わりしないですよね。何かこう、風通しを良くするようなゲームでもでてきて面白くなればいいですけど、リスキーだからみんなやらないのかな。
 

 

Invitation from CHUNITHM

Invitation from CHUNITHM